【レビュー】SYRINXのHITOE短財布2|スリムで厚い不思議な財布【色はGrafite】

財布

SYRINXのHITOEはL字財布ではめずらしいダブルファスナーの機能だったり、厚くてスリムな不思議革だったり、魅力的なポイントがたくさんある財布です。使ってみて数ヶ月経ったので、使い勝手のメリット・デメリットをまとめてみます。→最新情報・新作は本店にて!

SYRINXのHITOE短財布2 L-zipを使ってみて

あれから数ヶ月経ちました。エイジングも良い感じです。ただ使ってみるとやはり人によって使いやすい部分と使いづらい部分があると感じます。その部分をまとめてみました!

HITOE短財布2のメリット

スリムで厚い

SYRINXのすごい技術だと思います。革は厚いのにスリム。それで滑らかなんですよね。不思議な感覚ですが、エイジングしてくるとは更に顕著になります。革好きならこれだけでも買う価値あると思います。

コインが見やすい

機能的に一番のお気に入りポイントがココ。小銭が非常に取り出しやすいです。そして結構入ります。取り出す際もラクで、1円単位の細かい会計でもストレスなくすぐに出せるのが感動的でした。

ダブルファスナーが使える

これは好みかもしれませんが、ぼくは好きです。小銭とカードを分けて使いたい人には、かなり使い勝手良いギミック(ひとえ構造)だと思います。カード入れもそれに合わせて出しやすくなっていて気に入ってます。ダブルファスナーのメリットを最大限に活かしてると思います。

HITOE短財布2のデメリット(注意点)

レシート保管は不向き

HITOEに限らず、ミニ財布全般に言えると思いますが、レシートを財布に取っておきたい人にはオススメしません。レシートは入りますが、レシート保管には使いづらいと思います。レシートを保管するならジャバラ財布ギャルソン財布のようなタイプもオススメですよ^^

お札は折る必要もあり

ぼくは結局お札を折って使うことが多いです。というのもお札を崩すと、その場は結局折ってしまいます。お札を折れないようにするには、崩した後にセットが必要です。ぼくのようにズボラだと、そこが少しめんどくさく感じるかも。セット自体は簡単です。

まとめ

総合的には、かなり好きなL字財布です。本当にスリムなのでポケットに入れても全くストレスないですし、スリムなのに収納力もなかなかです。お札をあまり使わずにカードや小銭を使う割合が多い人にオススメです。

この記事の詳細情報

※2019年12月11日現在の情報です。お店のラインナップなど情報が変更になる場合がありますので、リンク先で再度ご確認下さい。

L字財布の関連記事

オススメのL字財布を紹介しています。

ギミック革小物の関連情報

JOGGO



JOGGOはスマホやPCで革小物をかんたんにデザインできる面白いブランドです。予算5,000〜10,000円程のプレゼントネタにもオススメです!→レビュー

JOGGOで作成する
m+



エムピウはギミックな革小物がたくさんあります。ほかにはないユニークな作りがポイントです。革のエイジングも楽しめる最高のブランドです!→レビュー

m+のおすすめ