まさにサムライの財布!戦国武将の武具にも使われた革「黒桟革」がカッコいい!

財布

戦国時代、武将の鎧や兜に使われた革「黒桟革(クロザンカク)」。通称「サムライレザー」と呼ばれる代物があります。男としてゾクゾクする面白い革小物です。

一体どんな革なのか? 口コミや評判はどうなのか?黒桟革関連の情報を色々とまとめています。

黒桟革ってどんな革?

出典:basic.cypris.co.jp
読み方は「くろざんかく」または「くろざんかわ」。国産黒毛和牛で作られる革です。漆(うるし)を用いる加工が特徴です。

”なめし+うるし”の革

黒桟革は”なめしの技術”と”漆塗りの技術”を融合させた技術。日本古来の伝統技法を現代風にアレンジして作られています。コンセプトは「THE 日本の革」。革製品の新たな可能性を見出した革です。

大将クラスの防具だった

もともとは武士の甲冑(鎧や兜)に使われた革。戦国時代は大将クラスの甲冑に使われてた超高級武具の革でした。大将クラスなんて聞くと男心がくすぐられてしまいます。現在でも剣道の高級武具に使われているそうです。

坂本商店が手がける

兵庫県姫路市にある坂本商店が革屋さん。なめしから加工まで一貫生産しています。(販売もしてます)仕上げには大変時間がかかるそうで、とても希少。漆塗り作業だけでも1ヶ月、仕上げには4ヶ月費やすそうです。

世界が認める侍レザー

出典:basic.cypris.co.jp/
この革を手がける坂本商店の技術は世界でも高く評価されています。上画像は2014年香港の授賞式にて。(賞を掲げているのが坂本さんです)

・2014年香港「ベストニューレザー部門グランプリ」受賞
・2016年パリ「プルミエール・ヴィジョン賞」受賞

どちらも日本企業として初のレザー部門受賞という快挙でした。こちらは2017年の香港の会場の様子↓

甲冑インパクトありますね(笑)

ちなみにサッカーの岡崎慎司選手も持ってるそうです。
出典:himejikurozan.net
まさにサムライジャパン!財布とコインケースのようです。

では一体どんな革なのか見てみましょう。

黒桟革の特徴

出典:noi-japan.com/
画像はキプリスの黒桟革財布。うるし独特の光沢感が写真越しでも伝わります。

革の黒ダイヤ

漆が加わることにより、独特の質感・輝きがあります。表面の美しさはまるで小さな黒ダイヤの粒が集まったような輝き。その見た目から「革の黒ダイヤ」と呼ばれています。表面は丈夫でカリカリと硬いです。

黒桟革には種類がある?

確かに質感の違いを感じますよね。この違いは坂本商店やキプリスの公式サイトにありました。

「極」と他の黒桟革の違いについて
一般的な黒桟革を使用した商品は、手揉みか型押しです。
しかし、キプリスの極シリーズで使用されている黒桟革は、革本来の自シボを活かし漆を塗った革になります。革本来の質感を損なうことない手触りが特徴です。
引用:basic.cypris.co.jp/

”手揉み”と”極”の違い

「手揉み」の表面

出典:himejikurozan.net/

「極」の表面

出典:himejikurozan.net/

これは好みだと思います。

「手揉み」は柔らかく落ち着いた印象があります。
「極」は勇ましさを感じるかっこよさがあります。

どちらも良さがあります。ブランドごとにみるとわかりやすいです↓

黒桟革を使ったブランド

キプリスの黒桟革

出典:basic.cypris.co.jp
ではまずキプリスから。極シリーズで出しています。名前の通り「極」の革を使用しています。

二つ折り財布 極2 ~KIWAMIⅡ~

【シリーズ】キプリスコレクション(CYPRIS COLLECTION)
【タイプ】二つ折り財布(折りたたみ)
【収納】札入れ×2、小銭入れ×1、カード入れ×4、ポケット×3
【サイズ】W115×H90×D25mm
【素材】牛革/漆(黒桟革)
【生産】日本
【価格】37,000円(税別)

内装はレッドとネイビーの2種類。他にも長財布やコインケースなど、様々なタイプで展開。

▶キプリスの黒桟革

コトカルの黒桟革

出典:cotocul.com
京都のアパレルブランド「COTOCUL」。クラウドファンディングでも注目されました。コトカルは「手揉み」です。

COTOCUL 黒桟革 長財布

【タイプ】長財布(かぶせ蓋)
【収納】小銭入れ×1、札入れ×1、カード入れ×12、横長ポケット×1
【サイズ】W195×H95×D24mm
【重さ】152g
【素材】牛革/漆(黒桟革)
【カラー】黒/本藍 【生産】日本
【価格】33,800円(税別)

藍色の仕上げが綺麗です。他にもスマホケースなどが人気です。

▶コトカルの黒桟革

イタダキの黒桟革

出典:torato.jp/
東京に拠点を置く「iTADAKi」。大阪のバックメーカー井野屋のブランドです。イタダキは「手もみ」です。

姫路黒桟革 長財布 KELL-ZIP LONG WLT

【タイプ】長財布(L字ファスナー)
【収納】小銭入れ×1、札入れ×1、カード入れ×16、その他ポケット×1
【サイズ】H9×W20×D3cm
【重さ】232g
【素材】牛革(姫路黒桟革)
【カラー】黒/茶
【生産】日本
【価格】35,000円(税別)

iTADAKiの特徴は”彩り”。内装は水色やオレンジ色、ファスナーはゴールドピンクなど。これがまた黒桟革に良い感じに合います。

▶イタダキの黒桟革

黒桟革の口コミ情報

参考になった口コミやレビュー情報を集めています。

iTADAKiのレビュー。

ファスナーがピンクゴールド! iTADAKiのアイコン的存在。

コトカルの長財布。

人気のiphoneケースはシンプルでかっこいいです。

こちらは靴。

革小物オモシロ情報

JOGGO

JOGGOはスマホやPCで革小物をかんたんにデザインできる面白いブランドです。予算5,000〜10,000円程のプレゼントネタにもオススメです!
藤巻百貨店


藤巻百貨店はユーモア溢れる商品を取り扱うセレクトショップです。ちょっとしたユニークなプチギフトにもオススメです!