【初心者でもできる】ブーツの塗り方。傷補修は色移りしない補色クリームがおすすめです

革メンテナンス

長年使ってきたレザーブーツのハゲや毛羽立ち、せっかくなら塗りなおして使いたいですよね。そこでこのページでは、はじめての人でもできるブーツの傷やスレの補修方法をお伝えします。靴屋さんに頼まずに自宅でできるカンタンな補色方法です。

ブーツのキズを補修するには?

こちらは靴修理・靴磨きRADIANさんの動画です。靴の色塗りがはじめての人にもわかりやすく解説しています。ブーツはダナーライトですが、どんなブーツ(顔料仕上げ)にも応用できるハウツー動画になっています。これを見てからプロに頼むのを検討しても良いかと思います。ちなみにプロの手順はこちら↓

これがプロの仕事

プロの補修手順(動画参照)
・ブラシで汚れをとる
・靴クリーナーで汚れを落とす
・革以外の汚れを専用クリーナーで落とす
・コバの掃除をする
・表面を研磨する
・色を塗る
・コバを仕上げる(バフ研磨で形を整える+色を塗る)

という感じです。まぁ一般人は無理ですよね笑。ただし、ここまで完璧にする必要がないなら、補色をやったことがない人でも簡単にできる部分があります。それは”汚れを落として、剥げた部分を補色する”方法です。動画の最後のほうでも解説していますが、ちょっとしたキズやスレなら補色クリームをチョンチョンとぬって補修できます。

では手順をお伝えします。

これなら初心者でもできる

自宅でできる補色手順
・靴紐をとる
・布で汚れをとる
・色をぬる
・色をなじませる

詳しくお伝えしますね↓

顔料仕上げのブーツが対象です

まず対象ブーツの染色について確認する必要があります。革らしい風合いなのが染料仕上げ、水に強くて色鮮やかなのが顔料仕上げですね。ここで紹介する靴クリームは顔料仕上げを対象にしています。顔料仕上げのブーツは塗料に馴染みやすいのできれいに仕上がると思います。

⑴:汚れを落とす

ちょっとした汚れなら、クロス(布)などでサッと乾拭きしてください。使い古したTシャツや肌着(コットン)でもOKなので買う必要もないですが、もしメンテ用品でまとめて買いたい場合はコロニルがおすすめです。

created by Rinker
Collonil(コロニル)
¥440 (2020/09/18 09:40:17時点 Amazon調べ-詳細)

汚れがひどい場合は、こちらのメンテも試してみてください↓

created by Rinker
Collonil(コロニル)
¥1,760 (2020/09/18 09:40:33時点 Amazon調べ-詳細)

靴表面のホコリなどの汚れは馬毛ブラシが便利です。メーカーはコロニルが無難ですね。良質なシューケアメーカーです。

created by Rinker
M.MOWBRAY(M.モゥブレィ)
¥660 (2020/09/18 09:40:28時点 Amazon調べ-詳細)

次に靴クリーナーで汚れを落とします。お試しならエム・モゥブレイの60mlがオススメです。

⑵:色移りしない補色クリームを使う

革靴クリームは色移りするものもあるので注意です。色移りしない色補修用クリームは下記のメーカーがおすすめです。

サフィール|レノベイティングクリーム

created by Rinker
SAPHIR(サフィール)
¥1,430 (2020/09/18 18:52:33時点 Amazon調べ-詳細)

ポイント
・カラバリ豊富
・色移りしない

サフィールのレノベイティングクリームは色移りしないので便利です。色の種類もたくさんあるので、お探しの色も見つけやすいと思います。ブーツ以外にもバックやヒールの補色にも使えるので、女性にも人気の靴クリームですね。※色は選択になりますので、ご注意ください

コロンブス|アドカラー

created by Rinker
columbus(コロンブス)
¥450 (2020/09/18 11:51:36時点 Amazon調べ-詳細)

ポイント
・安い
・色移りしない

コロンブスのアドカラーは安いので、混ぜて色を作りたい時に安く仕上げれます。ただし複雑なカラーリングは腕が必要なのと、キズが深い場合はパテ(接合材)が必要になります。

アドカラーとサフィールの違い
・アドカラー…あくまで補修用塗料。深いキズはパテ(アドベース)が必要
・レノベイティングクリーム…パテ要素もあり。ただしキズの深さによってはパテも必要

created by Rinker
columbus(コロンブス)
¥450 (2020/09/18 20:32:10時点 Amazon調べ-詳細)

パテとは革のキズを埋める補修剤です。コロンブスでいう「アドベース」です。たとえば革靴はつま先やカカトに深いキズがつきやすいですよね。その補修にアドカラー+アドベースが使えます。

サフィールのレノベイティングクリームはパテ要素もあるので、浅い傷でも不安なら無難な選択かと。下にサフィールの動画があるので、パテ具合の参考にしてみてください。なおレノベイティングクリームにもアドベースは使えます。

⑶:チョンチョンとぬる→なじませる

ちょっとしたキズやスレなら手でぬっても大丈夫です。少量を手になじませて、スレた部分に塗布します。まわりとなじむように塗ればOKです。動画はサフィールの靴クリームです。イメージの参考にどうぞ(0:38~)

革靴の補修はこちらの動画が綺麗なのでオススメです↓

created by Rinker
サンクラフト
¥544 (2020/09/19 07:55:37時点 Amazon調べ-詳細)

ヘラはパテを混ぜたり塗ったりするときに便利です。

created by Rinker
タミヤ(TAMIYA)
¥181 (2020/09/18 11:51:37時点 Amazon調べ-詳細)

細かい傷は細い筆だと塗りやすいです。塗った後は水洗いで取れますので、天日干しなどで乾かして管理してください。

created by Rinker
M.MOWBRAY(M.モゥブレィ)
¥2,010 (2020/09/19 07:31:44時点 Amazon調べ-詳細)

広範囲で塗る場合はペネトレィトブラシが使いやすいです。ただし塗る範囲が広くなるほど腕が必要になるので、そこはご注意を。

ギミック革小物の関連情報

JOGGO



JOGGOはスマホやPCで革小物をかんたんにデザインできる面白いブランドです。予算5,000〜10,000円程のプレゼントネタにもオススメです!→レビュー

JOGGOで作成する
m+



エムピウはギミックな革小物がたくさんあります。ほかにはないユニークな作りがポイントです。革のエイジングも楽しめる最高のブランドです!→レビュー

m+のおすすめ